小さな町のレストラン。何の飾りもない素朴な建物です。

Restaurants & Pubs










































やや大きな町のレストラン。美しい街路灯が側に立っています。

英国のパブ

英国のパブ

「英国のパブ」の起源は、ローマのtabernae vinriae (ワインや食事を提供する酒場)に遡ると言われますが、ローマ人が英国を支配していたのは紀元前1世紀頃ですから相当古い歴史ですね。もっとも、現存する最古の「パブ」は、17世紀頃修道僧によって建てられたもので、当時はこうした巡礼者や旅人のための宿(hospice)が、聖地に向かう街道沿いに多くあったようです。


 現在「パブ」と総称されるものには、Inn、Public House、Alehouse、Tavernなどが含まれていますが、馬車時代の酒場付き宿屋、それより小さい巡礼者や旅人用の宿、ビール専門の飲み屋、村の居酒屋、食事やワインを提供する小食堂など、本来はそれぞれ業態(宿泊・食事・酒の提供の有無)や規模が異なっていたそうです。

 しかし、時代とともに業態間の垣根は低くなり、どこで線を引くか不明瞭となって、どれもが「パブ」の仲間となったようです。